第十一回 最低落札価格は印象が悪い


yk11

最低落札価格!

 

皆さん有料オプションの「最低落札価格」は使っていますか?

今では有料となっていますが、以前は無料だったのでこの最低落札価格を

設定して出品されている商品も結構ありました。

有料になってからはこのオプションを設定して出品しているものは減りましたが

それでもまだ使っている方もいるようです。

 

この「最低落札価格」ですが、ご存じない方のために簡単に説明しますと、

即決ではなく競りで出品されているオークションに「この価格より低い金額では

落札できない」という設定ができるオプションになります。

 

前に1円出品について説明しましたが、例えば普通に1円で出品すると、最終的に

1円や10円など極端に低い価格で落札されてしまう可能性がありますが、

ここで最低落札価格を500円と設定しておくと500円未満の金額では落札できなくなります。

これだけ見ると1円出品のリスクを無くすことができてとても便利なオプションに

思えますが、実際には、入札する側からするとこの「最低落札価格」はとても

うっとうしいオプションでしかなく、「それなら最初から500円で出品しろよ」と

いう風に思われてあまり良い印象を持たれません。

 

また、入札額が最低落札価格に達するまではいくらに設定されているかは入札者には

分かりませんので細かい金額で何度も何度も入札されて入札数だけはどんどん

増えるのですが、やはり入札する側からするととてもイライラしますし、

途中で「もういいや」と入札をあきらめられたりもします。

 

このようにとてもイメージが悪い「最低落札価格」ですが、オプション料も108円と

結構高額ですので、この最低落札価格を設定するくらいならその金額分を

注目のオークションにでも使った方がよほど有意義だと思います。

 

とうことで、このオプションはどうしても使う必要がある時以外はなるべく

使うのを避けた方がいいでしょう。