第十二回 価格設定は慎重に!その価格、損してるかも!?


yk12

価格設定!

 

皆さん商品の価格はどのようにして決めていますか?

高く売りたいのはやまやまだけどあまり高くすると売れないし、ライバルとの

価格競争もあるし・・・とモノを販売する上で必ず付いてくる大変悩ましい

問題ですが、この価格設定に於いて初心者がよくおかすミスとしてとにかく

最安値で出品する、というものです。

今はネットショップでもオークションでも簡単に価格比較ができますので

最安値でないと売れないような気がしてついつい最安値を付けたくなりますが、

なにも必ず最安値にしなくてもある程度は売れます。

もちろん価格が安い方が売れやすいですが、少しくらい高くても売れることは良くあることです。

理由としてはいくつかありまして、そもそもそこまで厳密に一番安いものを

検索して入札する人ばかりではなく、また、検索や価格比較の方法をあまり

よく分かっていない人も多くいます。

それとオークションの場合、出品者の評価も入札を決める大きな判断基準に

なりますので、少しくらい高くても評価が良い出品者から買いたいと思う人も多いです。

その他にも入札されるかどうかを左右する要因として、商品写真や説明文の

書き方なども結構重要なポイントです。

このように入札するかどうかは入札者の立場からすると価格以外にも様々な

要素を総合評価して決めますのであまり価格ばかりにこだわるのはよくありません。

 

もしかしたら今よりもっと高い金額でも十分入札してもらえるのに無理に

安い価格で出品して損をしているかもしれませんよ。

 

モノの値段には相場というものがありますので、あまり相場からかけ離れることなく

ライバルの価格や商品ページや評価などいろんな視点から自分の商品ページと

比較してみて一番効率のいい価格で出品しましょう。

 

それと、これは是非試して頂きたい方法なのですが、例えば今1000円で

出品している商品があったとすれば試しに1200円で出品してみてください。

そして、できればこの価格で10日間くらい販売してみて売れ行きを見てみてください。

意外と1000円のときと変わらず売れることはよくあります。

仮に少し売れ行きが落ちたとして、例えば1000円のときは10日間で10個くらい

売れていたものが1200円にすることによって10日間で7~8個になったとしても、

売上はあまり変わりません。場合によっては落札数は減っても利益額自体は上がった、

というような結果になるかもしれません。

試してみる価値アリです。